Valleのガンバ大阪日記

初年度なのでまずはリーグ戦から。ぼちぼちやっていきます

〜絶望と希望〜 J1第22節 vs磐田(home)

真夏の連戦。



ガンバが最も力を発揮する季節!!!





と、言いたい所でしたが…


結果は0-2。。


勝戦線から大きく遠退く、非常に痛い一敗となりました_:(´ཀ`」 ∠):





フォーメーション的には、ファンウィジョとアデミウソンの2トップ、
その下に市丸が入り、遠藤と倉田のインサイドハーフ、今野がアンカーとなるダイヤモンドの形だったでしょうか?



前節の広島戦からの反省?を生かしてあくまで中央を崩すスタイルへの変更が見られた点は期待が持てましたが、

その点前線の選手が中央に寄りすぎていた事で、
結果的に相手にも強固なブロックを作らせていたような気がします。


3月あたりの調子のいい時は、ダイヤモンド型の中盤のインサイドハーフ・今野と倉田が機を見てサイドに張ったりFWとSBの間に入り込んだりするシーンが見られ、
DFがサイドに引っ張られる事で中央やニアに隙が生まれていました。

しかし昨日に関しては、特に前半は「中央突破」と「攻撃の組立」を焦るあまり
特に遠藤・市丸に流動的な動きが少なかった点が反省材料と思われます。



とは言え、この日が晴れてJ1デビュー戦となった市丸。

f:id:Valle:20170815212721j:plain


おそらく監督から第一のミッションとして掲げられたであろう「攻撃の組立」においては、十分にボールに絡み、シュート・ラストパス含め見せ場を作ってくれました。
周囲の連携をより深め、これからチームの柱となってくれればと思います。
また、それだけのポテンシャルを持った選手だと生で観てて改めて感じました。


また、アデミウソンとファンウィジョの2トップに関しても、連携不足から被ってしまうシーンなども見られましたが、
個の能力としてはどちらも申し分ないので、このまま1試合だけで判断せず、今後も継続してほしいと思います。






太陽の塔フェスという事で、35000人を超えるサポーターが詰めかけた吹田スタジアム

f:id:Valle:20170815212202j:plain




この日噛みしめた悔しさを、次に繋げてくれると信じて!



フォルツァ、ガンバ!!

〜ノスタルジー〜 J1第21節 vs広島(away)

2015年シーズンあたりの敵地エディスタでは勝ち点1という結果も最低限、という感じではありましたが…


今年は別。





ファンウィジョが加入直後から右脚にテーピングを施していたのを見ると、
今日の長沢先発も個人的には頷けなくもない、と思っていました。


ただやっぱり相変わらず競れない・ポストプレイが下手…
BSの解説・木村和司氏もボソッと(!)言っていましたが、長沢だけ「フィット」出来ていません。

サイドからのクロスに対する感覚は良いものを持っていると思いますが、それだけ。
特にボランチアデミウソンが中央に寄って崩していく時にも一人、相手DFに負けていたり、パスやトラップが雑になって奪われたり、ワンテンポ攻撃が遅れたりする。

だから攻め手が無さすぎる。



前線からの守備が魅力なら赤崎も引けを取らないし、
何より赤崎の方がポストプレイの精度は高いように思いますが…


まぁサイドからの崩しだけが攻撃と、監督もコーチ陣も思ってるんでしょうし
しょうがないんですかね。





今日の相手・サンフレッチェは元々ボールホルダーに対して余りガツガツいかず、
最終ラインから前線までをコンパクトにしてゾーンで守るスタイルを取っていました。

しかし今日は中途半端にボールに食らいつき、本来の取り所でかわされる、といったシーンがかなり目立っていました。。



そういった点では、第3節でのFC東京戦もそうでしたが、全体での統率された守備が取れていないチームに対してやはり遠藤は効きますね。

キープしてファウルをもらう場面・パスで散らす場面・相手を一枚剥がして攻撃のスイッチを入れる場面、
そういった状況判断できる「間」を一瞬でもあけさせると、百戦錬磨の大先生はその輝きを放ちます。


なぜ甲府戦でも出しておかなかったのか…不思議でなりません。




あとサンフレッチェですが、丹羽大輝・パトリック両選手が先発しました。
2人とも、良くも悪くも変わっておらず…(笑)

ただ、スピードとヘディングの強さという明確なストロングのあるパトリック選手は、今後の広島において大きな力となり得るでしょう。
三冠を取った、あのシーズンのように…





さて、とにもかくにも、ガンバ大阪はこの絶対に負けられない下位連戦において
合わせて勝ち点5を落とす結果となってしまいました。

この間にも首位・鹿島はしっかりと勝ちを積み重ね、気づけば勝ち点差10に…






情けなし(;o;)




 

夏に強いガンバは何処へやら……
攻撃的なガンバは何処へやら……






何だか色々と、ノスタルジーに浸る私でした_:(´ཀ`」 ∠):








次はホーム磐田戦。
なぜか来場すると勝てないガンバの天敵(笑)・佐藤美希さんが来られるようで…


f:id:Valle:20170809231742j:plain

(Jリーグ公式より)




 


もう太陽の塔でも、蒼黒の塔でも、Jの広告塔でも誰でも良いから
勝利の女神になってくれ!


フォルツァ、ガンバ!

















〜気の緩み〜 J1第20節 vs甲府(away)

私事ながら、夏風邪を引いてしまいました。。


今年の風邪はどうやら鼻にくるようです…

皆さんもお気をつけください(*_*)





そんな中でも、DAZNで観戦!

していたのですが…




頭の痛くなるゲーム…

なんといっても、攻め手が見つからない…



惜しいシュートは有りましたが、本数の少ないこと!



ブロックを敷かれた事で(結果的に)走らされ続け、

疲労の色が濃くなった最終盤に前からプレスを掛けられ、

ボールを奪われてズドン……




情けなし(;o;)








前節のダービー勝利から、気の緩みは無かっただろうか!



まぁ大丈夫だろう、、そういう思いは無かっただろうか!



そんな油断こそ、足をすくわれて、調子を落とす原因だ!!







……自戒の意味を込めて。


しっかり、うがい!手洗い!規則正しい生活!



…徹底します(-.-;)






次は水曜日!

お互い、しっかり立て直していこう!





フォルツァ、ガンバ!


〜俺たちが、大阪さ〜 J1第19節 vsC大阪(home)

所用がありまして、今日は現地観戦できず(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



新スタ初の大阪ダービー、現地の皆様お疲れ様でした。

リーグ戦最多の3万6千人ですか!!

すごい盛り上がり様だったことでしょう!



いやぁ、、行きたかった………



というわけで、今日はきっちりとテレビで観戦!

f:id:Valle:20170730201352j:plain




試合の方は…

スコアレスで折り返した後半、本当に一瞬のスキと言うべきポストプレイの裏抜けから相手FW杉本に押し込まれ先制されます。



しかし、 その後徐々にペースアップしたガンバ大阪

藤春選手のクロスをファンウィジョ選手が頭で合わせ、ガンバが同点に追いつきます!


そして一進一退の展開の中CKを獲得したガンバ。

井手口選手の低く早いクロスに合わせたのは三浦選手。

これがゴールネット右に突き刺さり、ガンバが見事逆転に成功します!!


さらに、前がかりになった相手のスキを突き、ドリブルで抜け出したのは途中出場のアデミウソン選手。

キーパーとの1vs1こそ防がれますが、フォローに入った井手口選手・長沢選手のフォローから再度アデミウソン選手へ。

ワントラップの浮いた球を右脚アウトにかけた何とも彼らしい技ありのゴールでガンバがダメ押し!!!


ガンバ大阪が見事、セレッソ大阪との負けられない一戦を制しました!(((o(*゚▽゚*)o)))





この試合では、期待の新戦力・ファンウィジョ選手がいきなりのスタメン起用となりました。

先制ゴールという鮮烈なデビューを飾ったわけですが、それ以外にも何度も相手DFラインの裏へ抜け出す動きを見せ、

前半の内からあわや先制ゴールの場面(結果はオフサイド)も作り出していました。

韓国人らしいフィジカルの強さや高さに加えて足元の技術・そして守備面を含めた運動量も有る、


まさに待ち望んでいた万能型FWという印象を受けました!♪O(≧∇≦)O♪



これから連携面もより良くなっていくことを考えると、

彼の力はガンバにとって大きな武器となる事は間違い無さそうです。






そして、もう一人出色のパフォーマンスを見せていたのが、MF井手口選手!



今年何度かセレッソの試合を観ていますが、

いつも好守に安定したプレーを見せていたのがMFソウザ選手。

そのソウザ選手に井手口選手がマッチアップし、昨日は何もさせていませんでした!



ガンバ3点目のシーンでアデミウソン選手がシュートをブロックされた後、

猛然と走ってフォローに入りシュートに持ち込んだ場面もそうですが、


運動量・そしてボールを「狩る」点においては、もうJリーグトップと言っていい様な気がします。



今のガンバにとって替えの利かない選手へと大きく成長しました。





さて、ガンバ大阪は今日の勝利をもって首位との勝ち点差を6に縮め、優勝争いに踏み止まりました。(セレッソは1試合多く消化)

順位も暫定ながら3位へと上がっています。



いよいよ、ガンバが本領を発揮する夏へと到来!



勢いそのままに、来週のアウェイ・甲府戦に臨んで欲しいものです。





フォルツァ、ガンバ!


〜決戦前日〜 #0729大阪ダービー

明日に迫っています。。




大阪ダービー(((o(*゚▽゚*)o)))!!






先週、敵情視察(?)のため、長居に行ってまいりました。

f:id:Valle:20170728154853j:plainf:id:Valle:20170728154921j:plain



いやぁ、さすが現時点首位なだけあって、なかなか良いチーム

動きが早い!そしてよく走る!



あんなに短時間で何点も取られ、ボコボコにされてる浦和は見た事がない!

f:id:Valle:20170728154948j:plain



これは侮れん、そう思いました。






ただ!


明日は違うんです!!







昨年の同じ時期にあったホーム広島戦、それを大きく上回る

ガンバゴール裏からの大ブーイングがこだまし、



その圧倒的な空気感の中で、ガンバの選手が躍動するんです!




そしてピンクは成す術なく敗れ去り、セレッソサポーターたちは泣いて帰るのです!_:(´ཀ`」 ∠):








真偽はともかく主力の負傷情報もあり、若干の不安を抱えるガンバ大阪



しかし、

明日はチーム一丸となり、勝利を収める!


僕はそう信じています!!








先週のセレッソ勝利セレモニー時、こんなゲーフラを見つけました。

f:id:Valle:20170728155035j:plain



よく見えないなぁ(笑)









叩き潰せ!!!\\\\٩( 'ω' )و ////




フォルツァ、ガンバ!

〜連敗〜 J1第18節 vs清水(away)

鹿島アントラーズ戦から中2日。

ガンバ大阪清水エスパルスのホーム・IAIスタジアム日本平に乗り込みました。


ガンバ大阪ですが、日本平では2008年以来6連勝中。

すこぶる相性の良い相手でした。


そんな得意なはずの日本平。ましてやいないはずの鄭大世・チアゴアウベス。



25周年記念試合と息巻く相手に、最高のプレゼントをしてしまいました。




今日は取るに足りない、 普段では見られないミスも多かったです。




疲れがあるのは、どこのチームも同じ事。



現状のチームでベストを尽くしてもらうのみ。

次も中3日で天皇杯ジェフ千葉戦がありますが、非常に不安の残る内容となりました。





リーグ開幕から4ヶ月が過ぎた先週の時点では9勝5分2敗。

首位と勝ち点差3の4位につけていましたが、


この4日で2敗。

首位と勝ち点差6、順位も6位に落ちてしまいました。




ここが踏ん張りどころ。

幸いにしてリーグ戦は3週間の中断期間がありますので、

この間にしっかりと休養し、チームをもう一度整えてほしいと思います。


〜バ鹿試合〜 J1第13節 vs鹿島(home)

ACLの関係で未消化の一節。

勝てば首位に立てる可能性もある試合でした。

f:id:Valle:20170705223913j:plain



ですが、疲れもあり(とは言っても、条件は相手も変わりませんが)ほぼ全員が低調なプレーに終始。


特に攻撃においては、縦パスなどのチャレンジはあったものの、結果には結びつかず。

チャンスらしいチャンスを作れません。




後半立ち上がり。

低い位置でのミスから相手のカウンターを受け、先制点を決められてしまいます。


その後も相手の堅い守りと巧みな試合運びに翻弄され、追いつくことができず。


試合は0-1で敗れてしまいました。





皆の募金で建てた我らがガンバ大阪のホームスタジアム・市立吹田サッカースタジアムのはずでしたが、

どうやらここはガンバ大阪では無く、鹿島アントラーズのホームスタジアムだったようです。

f:id:Valle:20170705223140j:plain


鹿島は吹田スタジアムで全勝(5戦5勝)。

ガンバは…



本当に見てて思いましたが、気持ちの入ったプレーというものが

全く感じられません。


すぐファウルを貰おうとするプレーは、審判にも見透かされています。

(とは言っても、今日のジャッジは余りにも酷いものばかりでしたが)



不甲斐ない試合をした後に選手に謎の(?)拍手を送っていたサポーター含め、

何か勝負へのこだわりというか、気持ちが今ひとつ欠けているように思われました。




生ぬるい。

このままではいけません。




次のホームゲームは、いよいよ7/29。

あの憎き上位チームを迎えての一戦となります。



その前に、土曜日はしっかりと清水を叩いておきたいですね。




フォルツァ、ガンバ!