Valleのガンバ大阪日記

初年度なのでまずはリーグ戦から。ぼちぼちやっていきます

〜ドロー、前向きに見るか?後向きに見るか?〜 J1第26節 vs大宮(away)

9/16 18:00k.o.

G大阪 2-2 大宮


得点

G大阪:井手口(28分)、長沢(90+4分)

神戸:マテウス(50分)、オウンゴール(73分)






大宮アルディージャ・今年度唯一となる熊谷での開催となった本日の試合。


アウェイのガンバ大阪は前節の反省からMF泉澤をスタメン起用。

今野・井手口のダブルボランチに倉田・泉澤の両サイドハーフを置きました。



対するホームの大宮アルディージャは4-2-3-1のフォーメーション。FW江坂の一列下にMF大前が入り、左にMF茨田、右にMFマテウスを並べました。




雨の影響か、試合は両チームともパスワークが思うようにいかず、ミスの多い展開となります



それでも、この試合一人気を吐いたのは井手口陽介選手。


素早い出だしによるインターセプト、また大宮MFマテウスが脅威と見るや持ち前の積極的な守備を発揮し、ピッチを支配します。

迎えた前半28分、ゴール前での競り合いからこぼれ球をMF井手口がシュート。

これを大宮DFの足にあたり、軌道が変わったボールはそのままゴールへ。

これが先制点となり、前半は0-1で折り返します。



後半、ガンバはアクシデントにより(?)DFファビオに代わりDF金正也を投入。

これにより強固なクロス対応力に綻びの出たガンバは、

後半開始早々のMF大前のクロスを誰も弾き返せず、ファーでフリーとなっていたMFマテウス選手に渡り、弾丸シュートを押し込まれ同点に。

さらに勢いを失ったガンバは73分、相手CKからFW長沢が頭クリアしようとするも、これが絶妙な「すらし」となってしまいオウンゴールに。逆転を許してしまいます。



追い込まれたガンバ大阪は後半アディショナルタイム

MF井手口の放り込みからFW長沢へボールが渡り、シュート。これがゴール左へ決まり、ガンバが土壇場で同点に追いつきました。


最後の最後で攻め込まれるもGK東口が対応し、試合はこのまま終了。

両チームが勝ち点1を分け合う結果となりました。






今日の試合、ガンバ大阪は現状のベストイレブンで臨んだように思えました。

サイド攻撃では右SBのオジェソク選手も奮闘し、何度も駆け上がる場面が見られました。


しかし、これだけのメンバーが揃っていながら、全くと言って良いほど連携した攻撃が出来ていないのも事実。

下腹部の痛みにより休養のアデミウソン選手に代わりフル出場のファン・ウィジョ選手も、いい動きは見せているのですが…


長沢選手を含め、中盤との連携したパスワークをしながら相手を崩すシーンが少ないようにも見えます。



あと気になるのがもう一点、サイドハーフに入る倉田選手と泉澤選手。 


泉澤選手に代わり米倉選手を入れたことで倉田選手が左へシフトしましたが、

明らかに藤春選手との連携が良いように感じました。




泉澤選手と、左右逆じゃダメなんでしょうか??




これは前に、宇佐美選手が居た頃も同じように感じた事なんですが。。

特に、守備に重きを置くオジェソク選手が後ろに入るなら尚更、

あそこにこそ独力でディフェンスを剥がして切り込める選手を置くべきなのではないかと思っています。


まぁ泉澤選手自身も、大宮アルディージャの在籍時代から左で勝負していたことは重々承知なのですが…




去年まであの位置を務めていた阿部・大森両選手が移籍、

そして今期ハマってきていた藤本選手が大ケガとなり、本職と呼べる選手がそれこそ米倉選手くらいしか居ません。



これこそが、常々感じる「選手層の薄さ」なのではないでしょうか。




後半アディショナルで追いついたことは評価に値しますが、

降格圏の相手に勝ち切れない。今期リーグは(も)、これの積み重ねに尽きるでしょう。



本当に悔しい一戦となってしまいました。







しかし、ウカウカしてはいられません。

次は水曜日に天皇杯柏レイソル吹田スタジアムに迎えます!




リーグ戦のリベンジ、そして長谷川健太監督の有終の美!!


ほんま頼んます。





  

フォルツァ、ガンバ‼︎


〜痛恨〜 J1第25節 vs神戸(home)

9/9 19:00k.o.

G大阪 1-2 神戸○ 


得点

G大阪:倉田(65分)

神戸:渡邊(18分)、大森(55分)






先日のルヴァン杯・準々決勝での連戦より一週間。

3連戦最後となる、リーグでの対決となりました。




ホームのガンバ大阪は日本代表からGK東口、DF三浦、

そして先の代表戦でセンセーショナルな活躍を見せたMF井手口の3選手が復帰。


今野・遠藤・倉田とダイヤモンド型の中盤を構成する変則4-3-1-2のフォーメーションを取りました。



対するヴィッセル神戸は敗戦に終わった前回のカップ戦からDF藤谷、MF高橋秀人、そして移籍後古巣・吹田スタジアムでの初戦となるMF大森を入れ替えで投入。


韓国代表のGKキムスンギュも復帰し、カップ戦の雪辱を晴らす戦いに挑みました。




試合は序盤からヴィッセルペースで試合が進みました。

ヴィッセルの両ボランチやMF大森の積極的な守備が光り、ガンバは出足を潰され攻めあぐねる状態が続きます。


その中で神戸FW・渡邊にクロスを押し込まれ、先制を許す展開。

前半は0-1で折り返します。



後半、ガンバは早々にMF泉澤の投入を準備。

しかし、その矢先にDFファビオのクリアミスを大森に押し込まれ、色々な意味で痛い2点目を奪われてしまいます。



その後、ガンバ大阪は攻勢を図るも、途中出場のFWファン・ウィジョの得たPKをMF倉田が決めるのみ。

以降はヴィッセルに終始ボールを支配され、攻めきれないまま試合終了。痛恨の敗戦を喫しました。






今日の試合、ガンバ大阪は先発した誰一人として好調と呼べる選手がいないように思えました。


凱旋と言えば聞こえは良いものの、水曜の明朝に灼熱のサウジアラビアでのフル出場により、

明らかにコンディションが落ちていた井手口陽介選手もその内の一人でした。



また今日は、ダイヤモンド型の中盤構成が完全に凶と出た事が敗戦の一番の理由と思われます。


インサイドハーフの2人(倉田・井手口)がやはりどうしても中央に寄り気味になってしまう事で、

守備でも攻撃でもサイドを上手くカバーできず、ボールの出しどころが無く相手に奪われ、簡単にサイドを突かれる…といったシーンが特に前半は本当に多く見られました。


おそらくいつもは4-3-1-2のアンカーの位置に入るはずの井手口がコンディション不良のため、

本来左インサイドハーフに入るはずの今野をアンカーに置かざるを得ず、皆が不慣れなポジション・苦手なポジションでプレーしていた、といった所でしょう。



前半のうちにフォーメーションを微調整、例えば今野と井手口をダブルボランチにして遠藤を右サイドハーフにするとか、

もしくは後半のスタートから泉澤を入れていれば2点目を防げた、そしてあわよくば勝ち点を拾えたのでは…と思われました。



その点を含めて、今日は長谷川監督も含めて負けるべくして負けたといったように感じられました。




上位陣が軒並み勝利し、リーグ戦の優勝争いから完全に脱落。

しかも古巣対決の大森晃太郎に決勝点を許すという、


本当に悔しい一戦となってしまいました。







vs.ヴィッセル神戸3連戦。

1勝1敗1分。


ヴィッセルサポーターの皆様、カップ戦とリーグ戦の痛み分けという事で!(>_<)






それでは。

フォルツァ、ガンバ‼︎



f:id:Valle:20170909233014j:plain


f:id:Valle:20170909233048j:plain


f:id:Valle:20170909233119j:plain


f:id:Valle:20170909233145j:plain






ルヴァンカップ決勝T 準々決勝 vs神戸


8/30  神戸 0-0 G大阪(ノエスタ)
9/04  G大阪 2-0 神戸(吹田)


2戦合計 ○G大阪 2-0 神戸●



不在選手(代表選出)
G大阪:GK東口・DF三浦・MF井手口
神戸:GKキムスンギュ(韓国)

得点
G大阪:長沢、泉澤(第2戦)





ガンバ大阪が、ルヴァンカップ関西対決を制し準決勝に進出しました。





第1戦は両チームともゴールに迫る惜しいシーンが有りながら、決め手を欠きスコアレスドロー

アウェイゴール0という点で第1戦ホームのヴィッセルが若干有利な状況。
第2戦、吹田スタジアムで雌雄を決しました。


第1戦をファンウィジョの1トップで臨んだガンバ大阪ですが、今日はアデミウソンと長沢の2トップ。
2列目サイドには倉田と泉澤を起用し、2ボランチには今野と遠藤が入りました。
オーソドックスな4-4-2のスタイルです。

対するヴィッセル神戸ですが、第1戦・第2戦共に全く同じメンバーで挑みます。
前線はポドルスキと渡邊千真が入り、2列目サイドには中坂と小川、2ボランチをニウトンと藤田で組むスタイルとなりました。



試合はスコアレスで折り返した後半早々、コーナーキックから長沢が頭で合わせガンバが先制。
これでやや勢いづいたガンバはオジェソクのクロスから流れたボールに泉澤が詰め、2-0。

その後も今野を中心とした「前からの守備」が功を奏し、ヴィッセルにチャンスらしいチャンスを作らせなかったガンバ大阪
第2戦を勝利で飾り、決勝トーナメント1回戦を突破しました。

 

ガンバ大阪は準決勝で、セレッソ大阪と対戦します。
試合日程は以下の通りとなります。

10/4(水)19:00長居
10/8(日)14:00吹田S 


〜希望の鬼門突破〜 J1第24節 vs鳥栖(away)

先月の大阪ダービー以降は0勝1分3敗と、8月を近年でも稀に見る悲惨な成績で過ごしたガンバ大阪

シュート数が少ないなど、内容としてもお粗末だったここ数試合でした。



そんなドン底の状況下で乗り込んだのは、2012年のJ1初昇格以来、過去4年間でリーグ全敗のベストアメニティスタジアム
まさに鬼門中の鬼門とも言うべき、苦手のアウェイ・サガン鳥栖戦。



ですが蓋を開けてみれば、ガンバ優位の展開が続きます。
何度もチャンスを作り出し、相手シュート数を1本に抑えながらもスコアレスで前半を折り返します。

迎えた後半、早々に倉田のミドルが決まり1-0!
その後相手にPKを決められ同点に追いつかれるも、
井手口の右足アウトのクロスから長沢が合わせ2-1!!
そして終了間際には、カウンターで井手口が持ち上がり、右に開いたファンウィジョのクロス、流れた所を藤春が詰めて3-1!!!


見事、ガンバ大阪が敵地・ベアスタでJ1初勝利をもぎ取りました!(((o(*゚▽゚*)o)))




これまで結果も内容も良くなかったガンバ。
おそらくですが、選手自身も危機感を持って臨んだ試合だったのではと感じられます。

特に先制点の倉田選手は5月のホーム・吹田で行われた鳥栖戦以来のゴールでしたし、

長沢選手も2ヶ月間ゴールが無く、ここ2試合はスタメンを外れていた事もあったので、
今日のゴールは長沢選手自身にとっても、そしてチームにとっても大きな意味を持つと思われました。



また、今日はファビオ選手がケガから復帰・今野選手が一列上がった事で、ペアを組む井手口選手がガンガン動くことが出来たのも大きかったのではないでしょうか。

井手口選手はやはりアグレッシブな守備と運動量は目を見張るものがありますが、
今日は対人においても強さを発揮しましたし、アシストも記録するなど、攻守にわたり大車輪の活躍を見せてくれました。

良い時の井手口選手は本当に手のつけられない、それこそ「怪物」とも言うべきプレイヤーとなりますが、
今日がまさにそれでした。

日本代表にも選出されていますが、間違いなく代表でも良い働きをしてくれると思います。




さて。
今年は日立台・柏戦、日産・マリノス戦に続き今日のベアスタ・鳥栖戦と、

これまで苦手としていた地でのアウェイ戦で悉く勝利を収めています。


しかし一方、ホーム・吹田スタでは中々勝ちきれていません。(8/26現在、リーグ4勝4分4敗)
こうなると、吹田スタジアムが鬼門化している印象もやはり否めませんね。



次のリーグ戦は9/9、ヴィッセル神戸をその鬼門・吹田スタジアムに迎えます。
なんとかここを勝利して、勢いをつなげて欲しい!!

また、今週のルヴァンカップ・決勝トーナメントも合わせ、
vs.ヴィッセル神戸3連戦となりますね!




ポドルスキがなんぼのもんじゃ!( ̄^ ̄)
大森がなんぼのもんじゃ!( ̄^ ̄)




3連勝で👍👍👍






フォルツァ、ガンバ!












(神戸キラーのあの選手、帰ってきてほしいなぁ…)

〜絶望と失望〜 J1第23節 vs柏(home)

突然ですが、関東の方って今年は冷夏らしいですね。


なんでも、東京では最近16日連続雨が降っていたとかʕ⁎̯͡⁎ʔ༄




一方、過ごしやすそうと冷夏を羨ましがるのはこちら関西の人間…


毎日暑い!!_:(´ཀ`」 ∠):







ふと、思ったわけです。



関東の人が、いきなり関西にやって来て運動でもしようもんなら、ぶっ倒れるんじゃないか⁉︎…


関西のこのクソ暑い炎天下の中練習を続けているホームチームと、

涼しい関東からやって来たアウェイチームが90分走り回るスポーツでもやろうもんなら、

そら結果は…





結果は……………






負けてんじゃねーよ!!









さて、

最近流行りの監督解任。




鹿島アントラーズ石井正忠監督、

サンフレッチェ広島森保一監督、

浦和レッズミハイロ・ペトロヴィッチ監督に加え、

先日、ヴィッセル神戸ネルシーニョ監督まで解任となりました。

歴戦の名将たちが今年、こぞってその立場を追われています。



今日の結果を受け、実際にそうなるかはともかくとして、

間違い無く長谷川健太監督もその波に巻き込まれることでしょう。





今日の試合前、スタメン発表時。

監督紹介の時、ゴール裏からはなかなかのブーイングが起こりました。




個人的には、試合前にブーイングはどうかと思いましたし、


監督解任の流行りなんかには乗らず、今シーズンはこのまま走ってほしいと思っています。



なぜなら、監督を替えたところで、短期間でガンバのサッカーが良くなるとも思えないし、

何より、現状の一番の問題は選手層が薄すぎることと思っているからです。



それでも、大多数のガンバサポの方々の監督解任意見も頷けるほど、

今日は本当に失望させられる試合でした。






選手・監督・そしてフロント!

スローガンを掲げるは、易しですよ。


ちゃんと一体となり、実行に移せているのか⁉︎






大いに反省してくれ!






〜絶望と希望〜 J1第22節 vs磐田(home)

真夏の連戦。



ガンバが最も力を発揮する季節!!!





と、言いたい所でしたが…


結果は0-2。。


勝戦線から大きく遠退く、非常に痛い一敗となりました_:(´ཀ`」 ∠):





フォーメーション的には、ファンウィジョとアデミウソンの2トップ、
その下に市丸が入り、遠藤と倉田のインサイドハーフ、今野がアンカーとなるダイヤモンドの形だったでしょうか?



前節の広島戦からの反省?を生かしてあくまで中央を崩すスタイルへの変更が見られた点は期待が持てましたが、

その点前線の選手が中央に寄りすぎていた事で、
結果的に相手にも強固なブロックを作らせていたような気がします。


3月あたりの調子のいい時は、ダイヤモンド型の中盤のインサイドハーフ・今野と倉田が機を見てサイドに張ったりFWとSBの間に入り込んだりするシーンが見られ、
DFがサイドに引っ張られる事で中央やニアに隙が生まれていました。

しかし昨日に関しては、特に前半は「中央突破」と「攻撃の組立」を焦るあまり
特に遠藤・市丸に流動的な動きが少なかった点が反省材料と思われます。



とは言え、この日が晴れてJ1デビュー戦となった市丸。

f:id:Valle:20170815212721j:plain


おそらく監督から第一のミッションとして掲げられたであろう「攻撃の組立」においては、十分にボールに絡み、シュート・ラストパス含め見せ場を作ってくれました。
周囲の連携をより深め、これからチームの柱となってくれればと思います。
また、それだけのポテンシャルを持った選手だと生で観てて改めて感じました。


また、アデミウソンとファンウィジョの2トップに関しても、連携不足から被ってしまうシーンなども見られましたが、
個の能力としてはどちらも申し分ないので、このまま1試合だけで判断せず、今後も継続してほしいと思います。






太陽の塔フェスという事で、35000人を超えるサポーターが詰めかけた吹田スタジアム

f:id:Valle:20170815212202j:plain




この日噛みしめた悔しさを、次に繋げてくれると信じて!



フォルツァ、ガンバ!!

〜ノスタルジー〜 J1第21節 vs広島(away)

2015年シーズンあたりの敵地エディスタでは勝ち点1という結果も最低限、という感じではありましたが…


今年は別。





ファンウィジョが加入直後から右脚にテーピングを施していたのを見ると、
今日の長沢先発も個人的には頷けなくもない、と思っていました。


ただやっぱり相変わらず競れない・ポストプレイが下手…
BSの解説・木村和司氏もボソッと(!)言っていましたが、長沢だけ「フィット」出来ていません。

サイドからのクロスに対する感覚は良いものを持っていると思いますが、それだけ。
特にボランチアデミウソンが中央に寄って崩していく時にも一人、相手DFに負けていたり、パスやトラップが雑になって奪われたり、ワンテンポ攻撃が遅れたりする。

だから攻め手が無さすぎる。



前線からの守備が魅力なら赤崎も引けを取らないし、
何より赤崎の方がポストプレイの精度は高いように思いますが…


まぁサイドからの崩しだけが攻撃と、監督もコーチ陣も思ってるんでしょうし
しょうがないんですかね。





今日の相手・サンフレッチェは元々ボールホルダーに対して余りガツガツいかず、
最終ラインから前線までをコンパクトにしてゾーンで守るスタイルを取っていました。

しかし今日は中途半端にボールに食らいつき、本来の取り所でかわされる、といったシーンがかなり目立っていました。。



そういった点では、第3節でのFC東京戦もそうでしたが、全体での統率された守備が取れていないチームに対してやはり遠藤は効きますね。

キープしてファウルをもらう場面・パスで散らす場面・相手を一枚剥がして攻撃のスイッチを入れる場面、
そういった状況判断できる「間」を一瞬でもあけさせると、百戦錬磨の大先生はその輝きを放ちます。


なぜ甲府戦でも出しておかなかったのか…不思議でなりません。




あとサンフレッチェですが、丹羽大輝・パトリック両選手が先発しました。
2人とも、良くも悪くも変わっておらず…(笑)

ただ、スピードとヘディングの強さという明確なストロングのあるパトリック選手は、今後の広島において大きな力となり得るでしょう。
三冠を取った、あのシーズンのように…





さて、とにもかくにも、ガンバ大阪はこの絶対に負けられない下位連戦において
合わせて勝ち点5を落とす結果となってしまいました。

この間にも首位・鹿島はしっかりと勝ちを積み重ね、気づけば勝ち点差10に…






情けなし(;o;)




 

夏に強いガンバは何処へやら……
攻撃的なガンバは何処へやら……






何だか色々と、ノスタルジーに浸る私でした_:(´ཀ`」 ∠):








次はホーム磐田戦。
なぜか来場すると勝てないガンバの天敵(笑)・佐藤美希さんが来られるようで…


f:id:Valle:20170809231742j:plain

(Jリーグ公式より)




 


もう太陽の塔でも、蒼黒の塔でも、Jの広告塔でも誰でも良いから
勝利の女神になってくれ!


フォルツァ、ガンバ!