読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Valleのガンバ大阪日記

初年度なのでまずはリーグ戦から。ぼちぼちやっていきます

試合総括 J1第7節 vsC大阪(away)

いやぁ〜疲れました。

久々の人酔いでしょうか!(°_°)


とまぁ、色々あったお祭り要素は抜きにして、あくまでリーグ戦の1試合として今日の試合を振り返っていこうと思います。



今日も3バックは変わらず。昨日の記事にて腰痛とした倉田が復帰しました。

一方アデミウソン欠場によりFWには赤崎が入り、長沢と2トップを組みます。


立ち上がりから少し相手に押し込まれる時間帯が続きましたが、井手口やファビオが前から鋭いプレッシングをかけ、決定的なシーンをあまり作らせませんでした。

前半をスコアレスで終えます。


後半早々初瀬に代えて堂安を起用し、サイド攻撃に厚みを持たせようとしたガンバ。

するとその堂安からパスが繋がり、ゴール前に1人抜け出した藤春がキーパーよりボールに先に触り、先制のネットを揺らします!


しかしファビオがアクシデント(?)により下がり相手への潰しが弱くなり、また堂安に代えた代償としてサイド守備が若干緩くなったガンバ。

右サイド深くでボールを保持される事が多くなり、結果杉本に2ゴールを奪われ逆転を許します。


それでも後半ロスタイム、CKからの混戦を倉田が押し込み、何とか!!!

引き分けに持ち込みました。


今日の戦いぶりですが、まぁロングボールが多く、中盤・トップで繋ぐ形が全く見えませんでした。

そして長沢選手が全く競り勝てないお決まりのパターンが続き、攻撃面においてはかなり苦しい様に見受けられました。

そして今日はガンバ加入後初スタメンとなった赤崎選手ですが、やはり周囲との連携不足を感じさせるシーンが目立ちました。

パスを受ける・出すタイミングというのは、やはり難しいものですね…


とは言え、長沢選手よりはボールキープが出来るという事も分かりました。

特に先制シーンでは胸トラのパスが相手の意表を突き、良い起点となったと思います。

もともとのポテンシャルは嫌というほど織り込み済み(笑)ですので、このまま練習を重ねてくれれば長沢選手を差し置いたファーストチョイスになり得る存在だと思います。

何にせよ期待してます!!!


さて、今日の試合。

J2プレーオフ枠に対してほぼ負け試合を演じた事を厳しく見るべきか、

それとも最後の最後で追いつき、勝ち点1をもぎ取ったとポジティブに捉えるべきか…


まぁ相手がセレッソだった事を考えると引き分けでも許されませんが!(笑)



次に繋がると信じて!


フォルツァ!ガンバ!